コトノハ運営委員会のこれまでの活動をご紹介します

このページは コトノハ運営委員会の活動を紹介しています。

  

てりは古本かえっこ市

 不定期に開催しています。本を処分したい人と本が欲しい人との橋渡しをしています。本をつうじて、新しいまちに歴史の浅いアイランドシティに文化を根付かせ、さらに住民の交流の場を提案しています。

 

本が読める場づくり・本の貸出

 コトノハの所有する蔵書を中心とした本を配架し、アイランドシティの中で本を読める場づくりを行っています。
 現在、本の設置場所は『照葉パビリオン コミュニティスペース』と

『介護老人福祉施設 アイランドシティ照葉』の2箇所です。
 ※『照葉パビリオン コミュニティスペース』は閲覧のみ、

  『介護老人福祉施設  アイランドシティ照葉』は閲覧と貸出(要登録)を行っています。
 ※詳細についてはこちらをご参照ください。 

BOOK CAFE コトノハ

 期間限定で絵本を中心に本の展示をしています。開催場所もその時に応じて変更しています。図書館とは違った 表紙を見せる展示方法や子ども目線の高さ。本に照明をあてることにより自然と本に目線がいく効果。あかりによる陰影をとりいれることで、空間にくつろぎと癒しの演出をしています。

 

 ゆったりとした読書の時間を楽しむためにカフェも併設しています。お子様連れでも 安心して 本にふれてください。

 

 

平成27年(2015年)4月より1年の期間限定でアイランドシティ地方版「いつものこと」に【コトノハの散歩道】の連載をしました。

 照葉校区にある各施設の紹介をしながら所蔵する本を毎月1冊 施設の推薦図書を紹介しました。

 

4月 UDCIC(アイランドシティ・アーバンデザインセンター)

   『まちの本棚』より「たべもの ことわざ辞典」

5月 UDCIC

   「おとうさんはウルトラマン おとうさんの育自書」

6月 UDCIC

   「クシュラの奇跡 140冊の絵本との日々」

7月 サイバー大学 『図書館』より 

   「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン人々を惹きつける

    18の法則」

8月 サイバー大学

   「会話が苦手なあなたへ

        コンプレックスを解消する50のレッスン」

9月 サイバー大学

   「コミック版 はじめの一歩を踏み出そう 成功する人たちの起業術」

10月 体験学習施設ぐりんぐりん『図書コーナー』より 

   「日本産幼虫図鑑」

11月 体験学習施設ぐりんぐりん

   「ひみつの植物」

12月 体験学習施設ぐりんぐりん

   「ベニシアのハーブだより 京都・大原の古民家暮らし」

2016/1月 コトノハ運営委員会 『コトノハの小さな本棚』より

   「おおきな木」

2月 コトノハ運営委員会

   「からすのパンやさん」

3月 コトノハ運営委員会

   「パパ、お月さまとって!」 

 

*コトノハの公式Facebookページ

「コトノハの小さな本棚」は こちら↓
(最新情報 更新中!)

*コトノハの公式ホームページ(当サイト)への「いいね!」は こちら